中文版| English| 日本語| 한국어
概要燕達医学研究院分子診
燕達医学研究院乾細胞・再生医学研究所は医療、科学研究、教育を一...
学研究院分子診断・生物チップ研究所の概要
1、感染性疾病の分子診断および薬抵抗性検査、2、遺伝性疾病の分子診...
燕達医学研究院分子診断・生物チップ研究所
分子診断・生物チップ研究所は燕達医学研究院の重要な部分です。当...

乾細胞・再生医学研究所の概要

Clicks: Uptime:2011-02-18 11:33
   燕達医学研究院乾細胞・再生医学研究所は医療、科学研究、教育を一体と集める総合型医学研究開発機関で、燕達医学研究院と軍事医学科学院放射・輻射医学研究所の共同で建設しているプロジェクトです。
   当研究所は軍事医学科学院医学放射・輻射医学研究所を技術的な拠り所にして、燕達医学研究院の既存ハードウエアプラットフォームを利用して、燕達国際病院腫瘍科、心脳血管病科、内分泌科、血液科、整骨科、神経科、産婦人科などの主な部門によって、対外に国際先進的な水準に達して、しかも自分特色のある各種の細胞治療技術サービスを提供しています。当研究所は技術力が強くて、国内外で有名な乾細胞・再生医学専門家、中国科学院アカデミー会員--------呉祖沢教授にリードされている研究開発チームがあります。当研究開発チームは国内で1番早く乾細胞基礎研究に携わっている部門で、相前後して多項目の国家863、973と自然科学基金プロジェクトを引き受けたことがあります。その研究成果はかつてそれぞれ国家自然科学賞、国家科学技術進歩賞と軍隊科学技術進歩賞を獲得したことがあって、そして相前後して発表された百篇もの学術論文は国内外の雑誌に掲載かつ引用されました。現在、乾細胞・再生医学研究所の細胞研究開発実験室はすでに国家食品薬品監督管理局の関係部門によって検収認証(GMP標準に合う)されました。
  乾細胞・再生医学研究所は燕達国際健康城投資管理有限公司の強大な資金支持に頼って、2000平方メートル近くの近代化実験室の改造を完成し、また3000万元近くの先進的な設備を買い入れました。現在、すでにGMP要求に合う無菌層流室が300数平方メートル作り上げられて、多数の課題グループは同時に利用できます。すでに購入された大型設備は血細胞分離機、フローサイトメトリー、造血細胞プロセス冷却装置、何台も倒立顕微鏡、蛍光顕微鏡、低温高速遠心分離機があります。
  当研究所の主な研究内容と範疇は乾細胞育成条件の最適化、乾細胞スケール拡張、乾細胞抗老衰の役割と構造の研究、細胞臨床治療効果に影響する要素への分析、新型乾細胞凍結保存液への開発研究、乾細胞の出所及び生理状態と悪性腫瘍の間の相互関係に対する研究、乾細胞の腫瘍と心脳血管病などの重大病気の治療期間における応用、乾細胞ベースの創立と保守などです。現在、細胞凍結、細胞分離、細胞培養、免疫測定、分子生物学測定とその他の関連研究開発サービスを提供できます。
louis vuitton handbags replica china
nike free run 3 for women
orange chicago bears jersey